不都合な真実

先日のこと、
急遽早く仕事が終わることになり、六本木ヒルズに直行。
目的は「不都合な真実」鑑賞。

環境問題は切実な問題です。
地球温暖化問題は真剣に取り組まなければなりません。
自分の身体を地球に例えてみてください。
体がずっと発熱しっぱなしだったら、辛いでしょう。
体の水分量が過剰だったり、枯渇したら辛いでしょう。
大地の声に耳を塞いで、
今と変わらない明日が必ずやってくると思うのはもう終わりにしなければ。

アル・ゴア氏の講義を映画で観られる形式で進んでいく物語。
瀕死のペンギンの子供。
溺れるシロクマ。
ハリケーンの大量発生で失われる命。
気温の上昇は、大地に何をもたらすのだろう。

ゴア氏のトークは人々を魅了しながらも、
切実に地球の危機を訴えている。
彼が米大統領になっていたならば、世界はどのくらい変わっていたのだろう。

自然のリズムを取り戻すこと。
身近なエコ活動だけではなく、「いま、自分に何が出来るか」を
真剣に、地球上の一人一人が考えなくてはならない時。

綺麗なオーラソーマのイクイリブリアムだって、
チャリスの井戸の水が干上がったら作れない。
ハーブ類だって、育つ環境が無くなったら絶えてしまう。

皆さん、「不都合な真実」、是非観てください。
今出来ることを考えてみてください。
ヒントはここにもあります。

地球は、私たち自身です。
宇宙も私たち自身です。
そう考えたら、大切に出来るでしょう?
[PR]
by innerocean-violet | 2007-02-03 23:01 | aura-soma
<< コズミック・ダイアリー講師にな... innerocean >>